診療科目一覧

- 脊椎外科 -

外科

行岡病院トップページ > 診療科目・部門一覧 > 脊椎外科

脊椎外科の特徴

脊椎外科の特長

脊髄・脊椎疾患の診療を行っています。
変形性頚椎症・頸椎ヘルニア・後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症・腰椎ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症・腰椎すべり症 等の手術治療を行っています。

手術は、主に顕微鏡手術を行っています。
またMIS(minimary invasive surgery:低侵襲手術)も行っています。
手術以外には、神経ブロック(硬膜外ブロック)、理学療法(リハビリテーション:運動療法・物理療法等)の治療手段を用います。

診療時間(担当医表)

時間 診療室  月

午前 9:00

~11:30

診察室-5  

青木 正典

(脳・脊椎)

*9:30~

   

青木 正典

(2、4週)

*9:30~

 
診察室-6            

診察室-2

(内科外来)

           

午後 13:00

~15:30

診察室-5    

 

 <完全予約診>

青木 正典

(脳・脊椎)

   

【休診のお知らせ】

スタッフ紹介

青木 正典

脳神経外科 医長
青木 正典

自己紹介

最終学歴 平成8(1996)年 川崎医科大学 卒業、
平成23(2011)年 医学博士取得(大阪大学大学院)

取得資格・専門医名

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本脳神経外科学科専門医
  • 日本脊髄外科学会認定医

所属学会

  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脊髄外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本脊髄障害医学会
  • 日本救急医学会 等