診療科目一覧

- スポーツ整形外科 スタッフ紹介 -

スポーツ整形外科

行岡病院トップページ > 診療科目・部門一覧 > スポーツ整形外科 > スタッフ紹介

スポーツ整形外科センター

スタッフ紹介

スポーツ整形外科センター長:史野 根生(しの こんせい)


東京大学医学部卒、医学博士。


現職:
 行岡病院スポーツ整形外科センター長・顧問
 大阪行岡医療大学 教授
 札幌医科大学 整形外科 客員教授


専門領域:
 スポーツ整形外科、とくに膝スポーツ傷害のエキスパート。
 最も正常に近い前十字靭帯再建を可能にした 解剖学的前十字靭帯再建術:“膝蓋腱長方形骨孔膝前十字靭帯再建術”、
 “ハムストリング筋腱三重束前十字靭帯再建術”などを開発し、世界的に知られる。


職歴:
 ・大阪大学整形外科にて “膝・スポーツ クリニック”  創設
 ・大阪大学講師
 ・大阪労災病院 スポーツ整形外科初代部長
 ・大阪府立大学 教授を経て 現職


学会活動
 (会員)
 American Academy of Orthopaedic Surgeons(米国整形外科学会)
 Anterior Cruciate Ligament Study Group(国際前十字靭帯学会)
 ESSKA/European Society for Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy
 (欧州 膝・関節鏡・スポーツ整形外科学会)

 (名誉会員)
 ・日本臨床バイオメカニクス学会
 ・JOSKAS(日本膝・関節鏡・スポーツ整形外科学会)
 ・Arthroscopy Association of North America (北米関節鏡学会)
 ・ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)

 (会長経験)
 ・膝関節フォーラム
 ・スポーツ傷害フォーラム
 ・日本関節鏡学会
 ・日本臨床バイオメカニクス学会
 ・JOSKAS(日本膝・関節鏡・スポーツ整形外科学会)

学会賞受賞
 *John Joyce賞、 ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)より3回
 *Albert Trillat賞、 ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)より2回
 *President Award、 APOSSM (アジア太平洋スポーツ整形外科学会) より
 *Masaki Watanabe賞、 JOSKAS(日本膝・関節鏡・スポーツ整形外科学会)より
 *Porto賞、 ESSKA(欧州 膝・関節鏡・スポーツ整形外科学会)より
 *Takagi-Watanabe賞 APKASS(アジア太平洋 膝・関節鏡・スポーツ整形外科学会)より


主な著書
 スポーツ膝の臨床(単著、金原出版、2014)
 新版 スポーツ整形外科学(共編著、南江堂、2011)
 ACL Injury and Its Treatment(共編著、英文、Springer、 2016)


英語著書・論文(2018 年の時点で)
 原著 137編
 著書/分担執筆、総説18編


開発した手術/医療器械
1. 鏡視下ドリルガイド/Anterolateral-Entry Femoral Aimer w/ Smith-Nephew
2. 再建靭帯張力下固定具/Double Spike Plate w/ Meira Co.(日本、米国特許)
3. 長方形骨孔作成器具/Dilator system for rectangular tunnel ligament reconstruction w/ Smith-Nephew(日本特許)
4. (再建靭帯)骨片張力下固定具 Bone-plug Tensioning and Fixation system w/ Smith-Nephew(日本、米国特許)
5. 膝不安定性測定器具/KS Measure w/ 日本シグマックス