行岡病院について

- 社会医療法人 行岡医学研究会 行岡病院指標(平成30年度) -

環境への取り組み

行岡病院トップページ > 行岡病院について > 社会医療法人 行岡医学研究会 行岡病院指標(平成30年度)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 4 300 331 249 269 280 426 749 649 112
当院の年齢階級別退院患者数は、高齢化の影響により60歳以上の患者さんが全体の60%近くを占めています。
整形外科の領域では10代のスポーツ外傷~70代以降の骨折等の手術適応と幅が広くなっています。
白内障の手術件数が多く、60歳以上の患者さんの割合が多くなっています。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 16 4.81 2.67 0.00 66.69
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 54.07 20.92 0.00 86.79
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし - - 19.06 - -
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし - - 5.42 - -
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア0 - - 8.67 - -
肺炎や腸炎などの感染症が入院の半数を占めています。当院の誤嚥性肺炎の平均在院日数が長い理由は、高齢者が多いため重症化しやすいこと、離床が進みにくいことが挙げられます。早期にリハビリを開始し、寝たきりを予防する取り組みを行っています。
また当院ではリウマチ性疾患の患者様が多く通院されています。間質性肺炎、胃腸障害、生物学的製剤の治療中に合併した感染症など緊急性の高い治療を行っています。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 24 13.48 25.91 4.17 31.58
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 21 55.19 24.26 0.00 71.10
070200xxxxxxxx 手関節症(変形性を含む。) 18 5.11 8.14 0.00 64.89
070470xx01x0xx 関節リウマチ 人工関節再置換術等 手術・処置等2なし 11 49.73 24.22 0.00 67.55
070470xx02x0xx 関節リウマチ 筋肉内異物摘出術等 手術・処置等2なし - - 19.68 - -
リウマチ疾患による関節痛や関節の炎症に対して、内科とも連携しながら、生物学的製剤の導入や
投薬による炎症のコントロール、場合により滑膜切除術や関節形成術を実施し、術後のリハビリに力を入れ実施しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 18 6.39 4.96 0.00 60.56
060010xx99x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.70 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.26 - -
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし - - 4.33 - -
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 - - 6.52 - -
当院は、胃がん・大腸がんなどの悪性疾患から、良性疾患である鼠径ヘルニア(脱腸)・肛門疾患などの治療を幅広く行なっています。また救急病院として胆石胆嚢炎や虫垂炎などの急性腹症に対する治療も積極的に行なっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 238 29.40 14.27 0.00 25.15
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 81 6.06 7.29 0.00 29.81
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 75 4.75 9.49 0.00 38.63
160720xx97xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 その他の手術あり 68 8.18 6.72 0.00 22.51
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 61 59.92 26.3 8.20 76.79
当院の整形外科ではスポーツ障害・外傷を多く扱っており、中でも肩・肘・膝の鏡視下手術・靭帯再建術が手術件数の上位を占めます。また上肢手術は短期入院・外来リハが可能ですが、下肢(鏡視下ACL再建など)はスポーツリハを責任をもって実施するため(転院率0.0%)、DPCでありながら入院リハのためやむを得ず在院期間が長くなる傾向にあります。さらにスポーツ外傷のみならず救急外傷全般を受け入れているため、高齢者の股関節周囲骨折に対する手術がその次に多くなっています。術後も原則として当院回復期リハ病棟に移って十分に施行しています。
当院は若年者から高齢者まで広範な整形外科疾患に対して、手術からリハビリテーションの完結まで責任を持った治療を心がけています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 31 10.97 16.98 6.45 67.06
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 11 17.45 16.80 0.00 72.73
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし - - 21.39 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.35 - -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.80 - -
脳神経外科で主に扱っている疾患は腫瘍性疾患、脊椎・脊髄疾患および外傷性疾患です。悪性腫瘍に対し、手術、放射線、抗がん剤治療、リハビリテーションなど、いずれの治療も当院で行うことが可能です。最近では、腫瘍を切らずに治せる放射線治療を選択される患者さん、脊椎・脊髄疾患では脊椎の固定術を受けられる患者さん、高齢化に伴い慢性硬膜下血種の患者さんがそれぞれ増えているのが特徴です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 607 1.70 2.84 0.00 73.34
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 13 7.08 6.16 0.00 72.62
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 12 11.58 9.75 0.00 53.17
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 11 11.73 7.05 0.00 74.82
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 - - 8.00 - -
白内障は眼科の最多の手術疾患ですが、当科では多焦点レンズ、乱視矯正レンズなど多機能眼内レンズを用いた良好な術后視機能の回復に力を入れています。
他、眼底疾患、緑内障などにも精力的に手術、レーザー、注射による高度な治療を行っています。
救命救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし 134 4.93 7.30 0.00 38.22
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 92 1.63 2.78 0.00 33.72
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 31 5.55 5.10 0.00 61.77
050140xx99x00x 高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 9.25 8.80 3.57 63.71
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 7.09 7.28 0.00 39.48
都会の外食産業が多い立地条件から、細菌性胃腸炎による重症下痢、脱水、敗血症、腹痛患者が多い。併せて都市部に多い急性アルコール中毒、急性薬物中毒による入院患者が多い。
また耳鼻科救急対応病院が少ないため、めまい症患者も多く来院している。高血圧性脳症、てんかん重積状態、敗血症、DIC、ARDS、重症肺炎も多い。 また急性化膿性胆管炎、重症肺炎、敗血症、DIC患者も増えています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - 1 6
大腸癌 - - - 13 1 6,7,8
乳癌 1
肺癌 - 1 6
肝癌 - 1 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
内科、及び消化器外科と連携しながら診療しており
手術や化学療法を併用し治療を行なっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 11.38 53.19
中等症 40 37.70 81.75
重症 - - -
超重症 - - -
不明
合併症がある場合や肺炎が重症化した場合に、重症度の高い肺炎患者の診療を行っております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 40 85.25 69.98 7.32
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳の血管がつまることにより、意識障害等を引き起こし救急搬送されることがあります。
当院の場合、急性期治療を行なう一般病棟と、リハビリを重点的に行なう回復期病棟を備え、それぞれのスタッフが連携を取りながら治療を行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 10 0.70 1.70 0.00 67.80
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
内視鏡的ポリープ粘膜切除術は内視鏡を挿入し、結腸内のポリープなどを切除する手術です。通常は1泊2日の短期入院で行います。
高度な嚥下障害などで経口摂取が見込めない場合は、中心静脈注射用植込型カテーテル設置術や胃瘻増設術を行い全身管理に努めています。
リウマチ科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 47 2.28 55.36 0.00 69.64
K0802 関節形成手術(胸鎖,肘,手,足) 32 0.88 6.53 0.00 51.84
K0801 関節形成手術(肩,股,膝) 27 1.11 17.59 0.00 21.85
K0822 人工関節置換術(胸鎖,肘,手,足) - - - - -
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(鎖骨,膝蓋骨,手,足,指(手,足)その他) - - - - -
関節リウマチに対する手術に関しては、病態により薬物による保存療法が無効で長期間にわたって痛みが持続している場合に滑膜を取り除いたり、
壊れてしまった関節の機能を再建するための手術を行なったり 関節の一部を切除し形を整えて機能や整容を回復させる術式等を選択しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 15 1.60 2.33 0.00 57.20
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K633-22 腹腔鏡下ヘルニア手術(大腿ヘルニア) - - - - -
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) - - - - -
当院の場合、救急病院であることから腹痛の訴えで受診される患者様が多いので、内科との連携を図り外科的治療の必要性がある場合については当科で対応し、適切な治療に務めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 182 1.03 28.35 0.00 25.82
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 73 2.10 15.04 2.74 48.00
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 60 3.23 56.33 1.67 67.90
K068-2 関節鏡下半月板切除術 56 1.00 5.09 0.00 34.00
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 50 0.92 3.26 0.00 35.54
スポーツ障害・外傷を多く扱っているため骨折観血的手術・靭帯再建再建術が 肩・肘・膝の鏡視下手術・靭帯再建術が手術件数の上位を占めます。
下肢(鏡視下ACL再建など)はスポーツリハを責任をもって実施するため在院期間が長くなる傾向にあります。
救急外傷全般を受け入れているため、骨折に対する手術とも多く、当院は若年者から高齢者まで広範な整形外科疾患に対して、手術からリハビリテーションの完結まで責任を持った治療を心がけています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 10 3.70 24.90 10.00 76.90
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) - - - - -
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) - - - - -
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) - - - - -
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) - - - - -
当院の手術数は脊椎疾患が多く、椎間板摘出術だけでなく、脊椎固定術や椎弓形成術が増加しています。また、高齢化に伴い慢性硬膜下血腫洗浄術も増加しています。
難易度の高い固定術や脳腫瘍に対しては手術用ナビゲーションシステムを用いることで、安全性と確実性の高い手術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 603 0.00 0.65 0.00 73.43
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 27 0.22 8.44 0.00 62.67
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 22 0.64 8.55 0.00 69.82
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
白内障手術は日帰りが中心で、ご希望の患者さまは入院も可能です。
全疾患において、例えば術前の入院など、無駄に長期に入院せずにすむよう工夫をしています。
救命救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -
K0132 分層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
緊急手術を行いにくい状況にあり、手術数に制限がかかっている。熱傷、腹膜炎、壊死性筋膜炎は得意な分野です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 22 0.65
180010 敗血症 同一 22 0.65
異なる 19 0.56
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
感染により、敗血症やDICを併発することがありますが、適切な治療により、ほぼ全例治癒しています。
更新履歴
2019/09/30
当ページを公開しました。